認知症の自覚と進行

認知症の自覚と進行

物を忘れると言うことは、本人にしてみれば、決して望ましいことではなく、場合によっては恥じと感じる人もいるでしょう。このため、たとえ年を重ねて行くにしたがって、だんだんと物忘れがひどくなってきても、自分ではなかなか認めたがらないものです。

しかし、加齢に伴う物忘れは、多くの場合は「最近、物忘れがひどくなってきたな」と自覚症状があります。

でも、中には忘れてしまったこと自体を忘れてしまうケースもあるかもしれません。このような場合は、ひょっとすると認知症の前触れかもしれませんので注意が必要です。

認知症になってしまうと、自分が物忘れしているという自覚すらなくなってしまいます。このため、以前に聞いたことを、全く聞いていないと言い張ったり、何度も同じことを聞き返したりするのがその症状の特徴です。

また、単なる物忘れの場合は、徐々に進行していきますが、認知症になると物忘れの進行が早まりますので、早めに何らかの対策を取らない限り、進行が自然に止まるということはないのです。

 

サイトマップ