介護職の公務員として働くには

介護職の公務員として働くには

一般的に、介護職は離職率が高いといわれておりますが、その大きな原因が収入の低さです。

介護報酬の減額などで介護施設の経営が苦しい状態に置かれるケースが増えているなかでは、どんなに一生懸命働いても、収入が増えていかないのです。

それだけに、公務員としての介護職は、安定しており昇給も見込めるため、介護職の人にとっては憧れの就職先といえるでしょう。では、介護職が公務員として働くことが出来るケースはあるのでしょうか。

介護職の就職先として多いのは、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどですが、これらの施設では、公務員としての雇用はありません。

公務員として介護職の募集が期待できるのは病院組合からの求人です。募集対象は、看護師、理学療法士、作業療法士といった医療関連の資格を持っている人が対象となりますが、なかには、介護福祉士の募集を行うケースもあるからです。

また、市の職員として介護職を募集するケースもありますが、介護福祉士や社会福祉士が募集の対象となります。

さらに、地域医療センターからの募集も時々見られます。これは、地域医療の一環として介護職が求められているからで、全国各地で高齢化対策が急がれている中、こうした施設からの募集が今後増えていくことが期待されます。

その他にも、自動車事故対策機構のような独立行政法人からの募集もあります。

ただ、公務員としての雇用を希望する介護職は、競争率が高く、採用されるにはかなりの狭き門と言えるでしょう。




 

サイトマップ