ケアマネージャーの転職

ケアマネージャーの転職

ケアマネージャーの仕事環境は厳しさを増していると言わざるを得ません。

ケアマネージャーは、その名のとおり、ケアプランを作成することで報酬を受け取るものですが、一人ひとりの介護環境の充実を図ることを理由として、ケアマネージャー一人が担当できるサービスの利用者が制限されるようになったからです。

そのため、担当者が減った分、収入が大幅に減ってしまっただけでなく、仕事ばかりが増えてしまったなどのケースが増えています。

ケアマネージャーの転職では、本業との兼ね合いが重要となります。大半のケアマネージャーは、医師など他の仕事を兼務しながら行っていることが多いのです。

このため、ケアマネージャーとして転職する場合には、本業の妨げにならない範囲で行う必要がありますので、働く地域や就業環境などをしっかりと決めた上で転職活動を行っていく必要があります。

また、居宅介護支援事務所は赤字を出してしまうケースが多く、ケアマネージャーも転職を余儀なくされてしまうことも多いようです。

このため、転職を行う際には事業所の経営状況、安定した環境で働けるかどうかも重要なポイントとなってきます。

転職先としては居宅介護支援事務所や他の介護サービスも併せて提供している施設などがあります。




 

サイトマップ