有料老人ホームへの転職

有料老人ホームへの転職

有料老人ホームとは、高齢者が日常生活に支障をきたすことのないよう、必要なサービスを提供しつつ快適な住環境を提供する施設です。

介護保険施設ではないので、必ずしも介護が必要な人が入所するとは限りません。

有料老人ホームには大きく分けて、次の3つのタイプがあります。

■健康型有料老人ホーム
介護が必要ない高齢者が入居する施設で、自宅で自立した生活が送れるようになった場合には退去する必要があります。また、サービスには介護保険は適用されません。
介護を必要としないため、スタッフの負担は少ないですが、さりとて、仕事が楽なわけではなく、1日も早く自立した生活に戻れるようサポートする必要があります。

■住宅型有料老人ホーム
介護が必要になった場合は、訪問介護や訪問看護といった在宅のサービスを受けることができる施設です。
施設のスタッフが直接介護保険の対象となるサービスを行なうのではなく、外部の介護サービス事業者を利用することになります。

■介護付有料老人ホーム
介護サービスを日常生活の中で提供する施設です。介護職が就職を目指している有料老人ホームの大半はこのタイプで、基本的に施設内で全ての介護サービスを提供しております。
ケアマネージャーのケアプランに基づき、介護福祉士やホームヘルパー、看護師といったスタッフが介護サービスを提供します。
また、介護保険制度に基づいた介護施設のため、24時間体制での介護環境が求められており、スタッフは夜勤の必要があります。
民間企業によって運営されている有料老人ホームは、高齢化の進行によって数も増えており、求人数も増えています。
注意すべき点としては、施設ごとにサービスの内容やスタッフに求める仕事や能力が異なる点です。また、施設の独自性を出すため、特定のサービスに力を入れている施設もあり、こうした特徴を求人情報で確認しておくことも必要です。
生活の介助だけでなく、レクリエーションを通じた生きがいの提供や社会との交流も、スタッフの重要な役割となりますので、介護職に関わるさまざまなスキルと経験を積める職場ともいえます。




 

サイトマップ