介護老人保健施設への転職

介護老人保健施設への転職

介護老人保健施設と特別養護老人ホームは、介護が必要な高齢者が入所し、必要な介護サービスを受ける点では共通しています。

しかし、特別養護老人ホームは、基本的には自宅での生活が難しい入所者に必要なサービスを提供する施設なのに対し、介護老人保健施設は、自宅での生活の復帰を念頭に置いたサービスを行うという点で異なっております。

すなわち、介護老人保健施設ではリハビリを重視していることから、理学療法士などリハビリの専門家も活躍しております。

介護老人保健施設の勤務は、入所施設であるため、夜勤が前提となります。さらに、人手不足のため夜勤の回数も多く、不規則な生活を余儀なくされてしまうことも多いようです。

介護老人保健施設への就職や転職を希望する場合は、その施設にはどれだけの数のスタッフが確保できているのか、あるいは、夜勤の頻度はどの程度か、それに伴う夜勤手当はどの程度かなど、職場環境や処遇面での確認が特に大切です。

また、コミュニケーション能力が問われる職場でもあります。自宅生活への復帰を前提に介護サービスを行いますから、意欲や生きがいを持ってリハビリなどに努めるよう促す役割が求められます。

高齢者が増える一方で、介護型療法病床が減少傾向にあることから、介護老人保健施設の重要性が今後さらに高まっていくことが予想されています。

その一方、人手不足は続くことが予想されますから、介護福祉士やホームヘルパーに対する介護老人保健施設の求人は益々増えて行くものと思われます。




 

サイトマップ