サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅は、民間事業者などによって運営され、都道府県単位で認可・登録された賃貸住宅で、主として、自立あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。

ここで提供されるサービスは、常駐の介護スタッフによる見守りや生活相談などです。

特徴としては、一般的な賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、また、借りやすいことです。

また、利用権方式ではなく賃貸借方式の施設が多いため、入居時に支払う敷金の返還を受けやすいなどの点で、入居者の権利が守られています。

このため、入居者にとっては、他の介護施設と比較して選択肢が豊富なサービス付き高齢者向け住宅を選ぶことで、住み慣れた地域に住み続けられるというメリットもあります。

その反面、比較的家賃が高い上に、連帯保証人を求められるため、重度の介護状態では、基本的に住み続けられないデメリットがあります。

入居には、初期費用(敷金・礼金)と月額費用が必要となります。施設の場所や設備に応じて、初期費用は0〜数百万円、月額利用料は10〜30万円程度とかなり格差があり、一般的に、大都市圏の方が高めに設定されています。

入居の基本条件は、60歳以上の高齢者または要介護者・要支援者、60歳以上の高齢者または要介護者・要支援者の同居者となっております。

その他、身の回りの世話ができる、感染症にかかっていない、認知症を発症していないなど、地域や施設によって様々の条件が設定されております。



 

サイトマップ